TORIC, INC.

・ホームページ制作
・院内放映ソフト制作
・再来予約システム
・パソコン出張指導
・眼科用イラスト制作
・最新眼科ニュース
・EOG受託滅菌
RK 学術名称はRadial Keratotomyと言います。ダイヤモンドメスを使い、角膜の前面から放射状に切込みを入れることで周辺が広がり、結果表面カーブが変形して光学上の焦点を後ろにズラすことで近視を矯正できるのです。
ICR 学術名称はIntra Corneal Ringと言います。薄い角膜の層間に樹脂で出来たドーナッツ上のプレートを入れます。角膜のカーブより大きいものを入れると近視を矯正し、逆に小さいものを入れると遠視が矯正されます。アメリカではFDAの認可済みです。
オルソケラトロジ-レンズ 学術名称はOrtho-keratology Lensと言います。最近日本でも入れられるようになってきています。基本的には近視用コンタクトレンズと同じようですが、夜寝ている間に装着して角膜形状を変えて昼間の時間はレンズ装着無しでも見えるようにしようというものです。
PRK 学術名称はPhoto-refractive Keratectomyと言います。角膜上皮のみをはがした後、EXCIMER(エキシマ)レーザーを照射して角膜表面を微細に削り近視を矯正します。日本でも2社の器械が認可され手術がなされています。
LASIK 学術名称はLaser in-situ keratomileusisと言います。PRKと同じくエキシマレーザーを使うのですが、角膜前面を薄く削り蓋を作り、残りの表面を照射して削った後その蓋を元に戻す方法です。 こちらの方がPRKよりメリットが多いので普及しています。日本語ではレーシックと言います。
LASEK 学術名称はLaser epitherial keratomileusisと言います。PRKのようにメカを使わずアルコールを使って角膜上皮のみを薄く剥がし蓋を作り、残りの表面を削った後その蓋を元に戻す方法です。 日本語ではラセックとも言います。
EPI-LASIK 学術名称はEpipolis laser in-situ keratomileusisと言います。最新のメカで角膜上皮のみを薄く剥がし蓋を作り、残りの表面を削った後その蓋を元に戻す方法です。 こちらの方がラセックよりメリットが多いので普及しつつあるようです。日本語ではエピレーシックと言います。
ALK 学術名称はAutomated Lamellar Keratectomyと言います。角膜表面を器械で薄く削ることで近視を矯正します。しかし、エキシマレーザーの普及でそちらの方が格段にメリットが有るため現在あまり普及していないようです。
これらの手術方式は欧米諸国で開発され臨床試験が行われております。当然良い結果ばかりではないと思います。どんな手術にもリスクが有るようですので、自身が手術をお受けになる場合はその点よく確かめておくことも必要でしょう。



4-24-1-611 Omachi Kishiwada
OSAKA,596-0812 JAPAN
tel  +81-724-41-8515. fax +81-724-41-8622
TORIC, INC.
Copyright(C) 2003 TORIC, INC.   All rights reserved
TO TOP PAGE